STARMARIEスケジュール

第一幕 幻木町の怪人

第一幕 〜幻木町の怪人〜
幻木町の怪人、という古い事件をご存知でしょうか?

私は、幼い頃、失踪した父親の行方を調べているうちに、どういう理由(わけ)か、この事件にたどり着いたのだ。

今から約半世紀前、千年の歴史を持った「幻木町」の名が東京SHINJUKUから消えた。しかしそれは急速な発展や戦争を憂いた人々が、自らの意志で存在を消した町であったという。実は彼らは、その後も別次元で存在し続けていたのだ。

町の人たちと言えば、実に穏やか。


彼らは弱い者に優しく、特に義理堅い。
(いくつかの変わった風習を重んじてはいるが。)

何気ない日常が突然、信じられない物語の扉を開くことがある。時間も、場所も屈折し、目が覚めたとき、私は確かにあの町にいた。あの忌まわしい町に。

第一幕「幻木町の怪人」


2016年2月19日 初演 / 2019年2月19日 再演
 

第二幕 星祭りの夜

第二幕 〜星祭りの夜〜
星祭りの夜。
こんばんは、ブレアだよ。
汽車に乗るためにはチケットが必要だ。
でも、それを手に入れることは、とても難しい。
なぜかと言うと、汽車に乗れるのは、1年に1人だけ。
選ばれし者だけにその権利がある。
今までにこの汽車に乗ったことが・・・

しーー。ちょっと待って。静かにして。
どうやら、ヤツが近くに来ているみたいだ。
星祭りを邪魔する、恐ろしい殺し屋。
君のことを狙っているのかもしれない。


はぁ・・・。どうやら助かった。
ヤツが狙っているのは・・・

彼女だ!
名前は、ステラ。
300年以上昔、外国からこの町へトリップしてきた、お姫様だ。


2016年4月27日 初演(FANTASY TRIPとして東名阪3公演開催
 

第三幕 スペル・オブ・ザ・ブック

第三幕 〜スペル・オブ・ザ・ブック〜
本を開いてはいけない。
人は誰しも、決まったストーリーを生きています。

ここ、幻木町立図書館には、 世の中のすべての人の、産まれてから死ぬまで、生涯を記された本があり、大切に保管されています。そう、私のものも、あなたのものも。

申し遅れました、 私はこの図書館の管理をしております"サナダ"と申します。いえいえ、あなたがどれだけ頼んでも、 これらの本をお見せすることはできません。何より、それが、あなたのためでしょう。例え、偶然見つけた、目の前にある本が、 あなたの友人や恋人の、もしくは、あなた自身のものだったとしても。

知らないほうが幸せなことってあるでしょう?
今宵ここに集まった皆様には、 不思議な冒険にお付き合いいただきたいと思っています。

もう一度言いますよ。
絶対に、本を開いてはいけない。


2016年8月21日 初演
 

第四幕 悪魔、はじめます。

第四幕 〜悪魔、はじめます。〜
実は、正直に生きるのは簡単だ。
教科書に書いてあるからな。

実は、嘘をついて生きるのは難しいんだ。
何故なら、心が痛むからだ。

お前は善人か?
悪人か?

お前は優しい。
それは本当の優しか?

さぁ解放しよう。

解放するんだ。

ファンタジーサーカス 第四幕。

悪魔、はじめます。


2018年2月4日 初演
 

第五幕 化けビトたちの音楽会

第五幕 〜化けビトたちの音楽会〜
私の夢は音楽家。
でも、みんな「叶いっこない」って言うの。

戻れない。

ある日、私は不思議な世界に迷い込む。
そこは音のない世界。
音を発することを禁じられた世界。
納得はしていないが、アイツらには逆らえない。


そこへ1人の指揮者が現れる。
彼は、闇に葬り去られた楽器を拾い集め、調律を始める。


もうすぐ彼の音楽会が開かれようとしている。

いいか、演者も客もマスクは必須だ。
アイツらに見つからないように。

戻れない。

今、"化けビトたちの音楽会"が始まろうとしている。


2019年8月11日 初演
Blu-ray販売中
  • STARMARIEツイキャス配信中
  • ニューシングル『DEAD or ALIVE』発売中!!
  • STARMARIEのプロフィール

Twitter

Facebook