PROFILE

top_20170316_artist.jpg

STARMARIE(スターマリー)
左から、松崎博香中根もにゃ木下望高森紫乃渡辺楓

Twitter Facebook YouTube


STARMARIE木下望

木下 望
Nozomi Kishita


のんちゃん
5月21日生まれ、静岡県出身。
Blog , Instagram



 

STARMARIE高森紫乃

高森 紫乃
Shino Takamori


しのはむ
7月19日生まれ、神奈川県出身。
Blog , Instagram



 

STARMARIE中根もにゃ

中根 もにゃ
Monya Nakane


もにゃ
10月9日生まれ、静岡県出身。
CHEERZ , Instagram



 

STARMARIE松崎博香

松崎 博香
Hiroka Matsuzaki


ひぃちゃん
10月4日生まれ、栃木県出身。
DMM.yellInstagram



 

STARMARIE渡辺楓

渡辺 楓
Kaede Watanabe


かえちゃん
12月3日生まれ、兵庫県出身。
Instagram


 

1.ダークファンタジーを歌う
STARMARIEはファンタジーな物語を歌うグループだ。
そのなかでも、ちょっぴり怖いダークな物語が人気を集めている。

『サーカスを殺したのは誰だ』『幻木町の怪人~町長選挙編~』は、ライブでも定番の代表曲。無表情…ときには睨みつけるような顔つきで、激しいサウンドに合わせて一風変わったダンスを披露する。『屋上から見える銀河 君も見た景色』は、飛び降り自殺をした友人の死の真相に迫る歌。ポップなメロディと疾走感溢れる曲調のギャップが、歌詞を切なく引き立てる。衝撃的な振り付けにも注目だ。

しかし、STARMARIEの歌う物語は、サスペンスやミステリーだけではない。涙を誘う物語にも定評がある。『ホシノテレカ』は、天国にいる大切な人に電話をかけられるという不思議なテレフォンカードがテーマ。 『名もなき星のマイホーム』では、ふたりが年老いて眠りにつく頃、屋根裏から一緒に地球を眺めようねと歌う。

両極端に思えるが、どちらも物語の登場人物を通じて、人が生きていくうえでの普遍的なテーマを歌っている。

ダークとライト。闇と光。
両方の世界を自由に行き来する独特のグループ、それがSTARMARIE。



2.海外公演70回以上
STARMARIEは日本国内だけにとどまらず、海外公演も積極的に行っている。これまでに訪れた国は、アメリカ,台湾,フィリピン,インドネシア,中国,香港,シンガポール。

2013年のロサンゼルス『AnimeExpo』を皮切りに、テキサス『SXSW』,台湾『Touch The Japan』『FANCY FRONTIER開拓動漫祭』『第一回高雄国際動漫節』,フィリピン『BEST OF ANIME』『Cosplay Mania』『60 Years of Philippines-Japan Friendship Celebration』,インドネシア『ENNICHISAI』,シンガポール『Chara Expo 2016』など、多数のイベントに出演。昨年7月には、シンガポールへ初進出し、ブシロード主催の『Chara Expo 2016』へ出演、また、台湾最大級の日本観光・文化エキスポ『Touch The Japan』のメインステージに2年連続で出演した。

台湾,フィリピン,香港では単独公演を開催。 特に、台湾では2015年7月から定期公演を開始し、2017年4月に定期公演10回記念を迎えた。 また、海外での総公演回数は70回を超えている(2017年4月時点)



3.テレビアニメ主題歌も担当
これまでに2つのアニメソングを担当。

2015年
テレビ東京系「カードファイト!! ヴァンガードG」のエンディングテーマを担当。STARMARIE史上初のアニメタイアップとなった『メクルメク勇気!』は、オリコン初登場25位。12月に有明コロシアムで開催された『ブシロードライブ2015』にて披露。

2016年
TOKYO MXとBSフジで現在放送中の「鬼斬」の主題歌『姫は乱気流☆御一行様』を担当。オープニングで流れるこの曲は、アニメに登場するキャラクターがSTARMARIEと同じ振り付けのダンスを踊っていることも話題となった。オリコン初登場22位。アニメには、メンバー全員が声優としても参加。この曲がきっかけで5月に東京ビッグサイトで開催されたイベント『character1』や、7月にシンガポールで開催された『Chara Expo 2016』への出演も果たした。

2017年
2017年2月22日発売の『カードファイト!! ヴァンガードG 主題歌集Ⅰ』に、JAM ProjectやBREAKERZの楽曲と一緒に、STARMARIEの『メクルメク勇気!』も収録された。また、4月30日に『ミルキィホームズ&ブシロード10周年ライブ in 横浜アリーナ』に出演。7月4日には、ブシロードミュージックよりニューシングルをリリース。



4.中野サンプラザ、そして武道館へ
2015年6月22日、Shibuya TSUTAYA O-EASTで開催されたツアーファイナル公演のMCで、メンバーの木下望が突如『みんなを武道館に連れてく!』と宣言。結成から7年、解散の危機を乗り越え現体制の5人になってから1年、この宣言によってメンバーとスタッフ、そしてマリスト(=STARMARIEのファン)のみんながこの大きな目標のために動き出した。

2016年は、赤坂BLITZ、品川ステラボール、そして年末の中野サンプラザと単独公演を成功させ、武道館公演へ向けて着実にステップアップしてきた。

2017年8月30日には再び中野サンプラザのステージに立ち、いよいよ武道館公演を射程圏内に入れる。

STARMARIE の単独公演は、ナレーションや映像を中心にしたストーリー仕立ての “ショー” のようなライブで、本編では MC を行わない。 物語の世界に浸るとともに、激しいダンスと繊細な表情にも注目して楽しんで欲しい。

これまでの海外公演

STARMARIEは日本国内の活動以外にも、海外公演も積極的に行っています。

STARMARIE海外公演
2013年
7月 ロサンゼルス『AnimeExpo』出演
9月 フィリピンマニラ『BEST OF ANIME』出演
2014年
3月 テキサス『SXSW』出演
3月 ニューヨーク『Japan Nite US』出演
5月 フィリピンマニラ『BOAsummer』出演
9月 台湾『Tokyo Crazy Kawaii Taipei 』出演
9月 フィリピンマニラ『BEST OF ANIME』出演
11月 台湾『Little Tokyo Crazy Kawaii Taipei』出演
2015年
4月 台湾『Touch The Japan』出演
4月 台湾 初単独公演開催
5月 インドネシアジャカルタ『ENNICHISAI 2015』出演
5月 インドネシアジャカルタ TV『dahsyat』出演
6月 フィリピンマニラ『HERO FACEOFF 2015』出演
6月 フィリピンマニラ『TOKYO COSPLAY BATTLE』海外初主催
6月 フィリピンマニラ『BEST OF ANIME』出演
7月 台湾『女子偶像音楽祭 vol.1 vol.2』出演
7月 台湾『STARMARIE単独公演~THE FANTASY WORLD~』開催
9月 台湾『女子偶像音楽祭 vol.3 vol.4』出演
9月 台湾『STARMARIE単独公演~THE FANTASY WORLD~』開催
10月 中国珠海『初回珠海国際アニメフェア』に出演
11月 台湾『女子偶像音楽祭 vol.5』出演
11月 台湾『STARMARIE単独公演~THE FANTASY WORLD~』開催
12月 香港『女子偶像音楽祭 vol.1 vol.2』出演
12月 香港『STARMARIE単独公演~THE FANTASY WORLD~』開催
2016年
1月 台湾『FANCY FRONTIER開拓動漫祭』出演
   ▶台湾次期総統蔡英文さんと交流
1月 台湾『IDOLidge Carnival』出演
3月 台湾『女子偶像音楽祭 vol.6 vol.7』出演
3月 台湾 単独公演開催
4月 台湾高雄『第一回高雄国際動漫節』出演
7月 台湾 単独公演開催
7月 シンガポール『Chara Expo 2016』出演
7月 台湾『Touch The Japan 2016』出演
10月 フィリピンマニラ『Cosplay Mania』出演
10月 台湾 単独公演開催
12月 フィリピンマニラ 『日比友好60周年イベント』出演
2017年
2月 台湾 単独公演開催
4月 台湾 単独公演開催
CONTACT

取材や出演依頼など、コンタクトフォームよりお問い合わせください。




Management Office
株式会社M-SMILE

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-4-6 富至ビル302

Contact Form
こちらよりお問い合わせください